【北軽井沢早春賦】 2001年5月  油彩画 15F 53.0×65.2cm     楽環

2001年の連休は家族で、北軽井沢に滞在することとなった。3年程前、やはり5月の連休中に北軽井沢

の雑木林を画いたことがあったが、その時、雑木林は既にみずみずしい新緑の若葉に包まれていた。

この年の北軽井沢の春は格別遅かったようで、5月と云うのに、未だ樹梢もほんのわずかに色ずいた

程度で、平野部での3月頃の気候である。そのかわりこぶしの白い花が山一面に点々と散りばめられ、

北軽井沢はまさに早春、こぶしの里である。あいにく北軽井沢に入山して最初の二日間は天候に恵ま

れなかったが、三日目の朝目を醒ますと晴れている。早朝五時半、一人でそっと着替えて部屋を抜け

出し、照月湖入り口付近に陣取り画き始めた。ここは照月湖を訪れる車がけっこう出入りし、中には

車を止めてわざわざ絵を覗いて行く人もいる。午後一時頃ようやく仕上げの一筆を入れ終わった処で、

北軽牧場に行き昼食にした。この絵は珍しく一回の現地写生で仕上げた作品である。


                 作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。



←ホームページへ戻る